テーマ:万葉集

20-4510大君の継ぎて見すらし高圓の野辺見るごとに音のみし泣かゆ

大君の継ぎて見すらし高圓の野辺見るごとに音のみし泣かゆ 於保吉美乃|都藝弖賣須良之|多加麻刀能|努敝美流其等尓|祢能未之奈加由 兵庫丹波の「河南」さんは、「かんなん」とよむ。当て字かもしれない。あくまで推論ではあるがよみ方が「かんなび」→「かんなみ」→「かんなん」と変化していったのではないか。地名・人名を含めて「かんなび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more