テーマ:大伴家持

20-4465久方の 天の門開き 高千穂の 岳(たけ)に天降(あも)りし 

久方の 天の門開き 高千穂の 岳(たけ)に天降(あも)りし 皇祖(すめろき)の 神の御代(みよ)より はじ弓を 手握(たにぎ)り持たし 真鹿子矢(まかごや)を 手挟(たばさ)み添へて 大久米(おほくめ)の ますらたけをを 先に立て 靫取(ゆと)り負ほせ 山川を 岩根さくみて 踏み通り 国求(くにま)ぎしつつ ちはやぶる 神を言向け まつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more