テーマ:車持千年

6-931鯨魚取り 浜辺を清み うち靡き 生ふる玉藻に 朝なぎに

鯨魚取り 浜辺を清み うち靡き 生ふる玉藻に 朝なぎに 千重波寄せ 夕なぎに 五百重波寄す 辺つ波の いやしくしくに 月に異に 日に日に見とも 今のみに 飽き足らめやも 白波の い咲き廻れる 住吉の浜 鯨魚取 濱邊乎清三 打靡 生玉藻尓 朝名寸二 千重浪縁 夕菜寸二 五百重<波>因 邊津浪之 益敷布尓 月二異二 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6-913味凝(うまこ)り あやにともしく 鳴る神の 音のみ聞きし み吉野の

味凝(うまこ)り あやにともしく 鳴る神の 音のみ聞きし み吉野の 真木立つ山ゆ 見下ろせば 川の瀬ごとに 明け来れば 朝霧立ち 夕されば かはづ鳴くなへ 紐解かぬ 旅にしあれば 我(わ)のみして 清き川原を 見らくし惜しも 味凍 綾丹乏敷 鳴神乃 音耳聞師 三芳野之 真木立山湯 見降者 川之瀬毎 開来者 朝霧立 夕去者 川津鳴奈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more